エンタメ

雪女と蟹を食う彩女の過去がヤバい?何巻何話で分かるのかも解説!

雪女と蟹を食う彩女の過去がヤバい?何巻何話で分かるのかも解説!

漫画、雪女と蟹を食うの彩女の過去がヤバいと言われています。

一体、彩女の過去には何があったのでしょうか。

彩女の過去がヤバいと言われると気になりますよね。

また、雪女と蟹を食うの彩女の過去は、しっかり漫画の中で描かれています。

それは何巻何話で分かるのかもご紹介していきますね!

詳細が気になる人はぜひ読んでみてください。

こちらの記事では、雪女と蟹を食う彩女の過去がヤバいのか、どんな風にヤバいのかについてと、彩女の過去は何巻何話で分かるのかも紹介していきます。

ぜひ最後までご覧ください。

 

雪女と蟹を食う彩女の過去がヤバい?

雪女と蟹を食うのヒロイン、雪枝彩女(ゆきえだ あやめ)の過去は、一文でまとめると、

  • 教師の傍ら小説を書く雪枝一騎に恋をし、
  • 一騎を追いかけて上京して結婚する
  • 一騎は小説が売れず貯金が尽きたため、彩女が身体を売って生活費を稼ぐ
  • 一騎は自分の小説のために身や心を削る彩女のことが怖くなって離れていってしまう

という流れになります。

以下で詳しくご紹介しますね!

彩女の過去は、物語の終盤になってようやく明かされます。

彩女の旧姓は、主人公が名乗った偽名と同じ「北」でした。

当時まだ学生だった彩女は、教師であった雪枝(ペンネーム「雪渕一騎」後に彩女の夫)が小説を書いていることを知り、好きになります。

一騎は彩女を置いて上京しますが、彩女も一騎を追いかけて家を出てしまいます。

一騎は、勘当同然で実家を飛び出して来た彩女を追い返すことができず、責任を感じて雪枝は彼女と結婚します。

そして、一騎は教師を辞めて小説を書くようになりますが、なかなか芽が出ず売れません。

そうこうしているうちに2人の貯金が尽きて生活費がなくなると、彩女は体を売ってお金を稼ぎました。

体を売ってまで一騎に小説を書かせようとする彩女に、一騎は次第に恐れを抱くようになります。

自分の小説のために命すら捨てようとする彩女が、まるで「雪女」のように恐ろしくなってしまったのです。

しかし一騎は、決して彩女のことを嫌いになったわけではありませんでした。

一騎が彩女から離れた理由は、自分のためにこれ以上変わって欲しくなかったからだったのです。

一騎の「ありがとう彩女。愛しているよ」というセリフは、本当に心からの言葉でした。

一方の彩女も、一騎の書く文字になりたいと言っていました。

お互いに想い合っているのにこのような結末になってしまうのは切ないですよね。

 

雪女と蟹を食う彩女の過去は何巻何話で分かる?

雪女と蟹を食うの彩女の過去は7巻で詳しく描かれています。

雪女と蟹を食うの漫画は全部で8巻までなので、かなりの終盤で明かされることになったんですね。

それにしても、彩女の旧姓が、主人公の偽名と同じ「北」であったことは意味深ですよね。

 

まとめ

こちらの記事では、雪女と蟹を食う彩女の過去がヤバいのかについてご紹介してきました。

彩女の過去に何があったのか、少しは知ることができたでしょうか。

また、何巻何話で彩女の過去が分かるのかもご紹介したので、もっと詳しく知りたい!と言う人はぜひ原作の漫画も読んでみてくださいね。

では、最近まで雪女と蟹を食う彩女の過去がヤバいのかについてと、ヤバい彩女の過去は何巻何話で分かるのかもご紹介した記事を読んでくださってありがとうございました。

-エンタメ

© 2022 いろはにほへと Powered by AFFINGER5