ライフ

台風対策で窓にダンボールを貼るなら外側?内側?貼り方が知りたい


 

台風

台風対策で、窓が割れないようににダンボールを貼る家ってありますよね。

 

「台風対策で窓にダンボールを貼るなんてなんて古いって…」「家が新しいから台風で窓が割れることなんてないでしょ」って思っているあなた。

 

新しい家で窓のつくりがしっかりしていても、強風で物が窓に当たって割れてしまうことは、ニュースにならないだけで、今でも結構起こっています。

 

なので、窓にダンボールを貼ることは、一見古いように見えても効果抜群!

 

この記事では、台風対策で窓にダンボールを貼るなら外側?内側?ダンボールの貼り方をご紹介します。

 

 


台風対策で窓にダンボールを貼るなら外側?内側?

台風対策で窓にダンボールを貼るなら、ズバリ外側です。

 

なぜ外側かと言うと、「台風の強風で物が飛んできたときに窓が割れることを防ぐため。」

 

最近の住宅では、空き巣を防ぐために自宅1階には電動シャッターを設置してあるのに、2階の窓はシャッターがない家も多いですよね。

 

そんな2階のシャッターがない窓に万が一台風で物が飛来して激突した場合、窓ガラスが砕け散り、雨風が部屋に入って、危険な状況に陥ってしまいます。

 

なので、台風対策でダンボールを貼る場所が、窓の内側か外側かと迷った場合は、窓の外側に貼りましょう。

 


台風対策で窓にダンボールを貼る方法は?~窓の外側~

台風対策で窓の外側にダンボールを貼ってみましょう!

 

まず準備するのは2つ。

 

ガムテープと養生テープです!

 

方法は簡単。

 

ダンボールを窓枠の内側ぴったりの大きさになるように貼り合わせるだけ!

 

(このとき、養生テープを窓枠に貼れるように、窓枠の内側にダンボールを敷き詰めるのがポイント!養生テープを窓枠に貼れば、剥がす際にも痕が残りません)

 

また、ダンボールに隙間がないようにしっかり貼り付けましょう。

 

ダンボールに隙間があると、そこに雨風が入り込んで、剥がれてしまう可能性があります。

 

養生テープが分からない方は、このようなテープです。


 


 台風対策で窓にダンボールを貼る方法は?~見本~

実際に台風対策で窓にダンボールを貼った写真はこちら。

 

Twitterでも、やはり台風対策で窓にダンボールを貼る人は多いようです。

 

 

 

 

これらを参考にして窓にダンボールを貼ってみてください。

 


台風対策で窓にダンボールを貼るのは外側?内側?貼り方は?まとめ

ここでは、台風対策で窓にダンボールを貼るなら外側?内側?貼る方法をご紹介しました。

 

台風が接近するのは不安ですが、強風に伴う飛来物によって窓が割れてしまうことを防ぐためには、補強として窓の外側にダンボールを貼りましょう。

 

また、窓へのダンボールの貼り方が分からない人のために、窓の外側へのダンボールの貼り方もご紹介しました。

 

窓が割れてしまうと怪我のリスクや、室内の雨風の被害が大きくなってしまうので、ぜひ台風接近の際には早めに対策をしてくださいね。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 


-ライフ

© 2021 いろはにほへと Powered by AFFINGER5