ママライフ

転職後の妊娠は迷惑?いつなら迷惑じゃない?を実体験を基に語る

転職後すぐに妊娠してしまって、職場の上司や同僚、会社に迷惑と思われたくない...

そう考えて、転職や妊娠の時期で悩んでいる女性は多いのではないでしょうか?

転職すぐでなければ、妊娠してプライベートの幸せを手にすることは、誰にでもある権利です。

では、転職してどれくらい待つ必要があるのでしょうか。

転職後の妊娠は、いつなら迷惑じゃないのかが気になりますよね。

いま検索してこのページを開いて下さっているあなたは、転職後に妊娠をすると周りの同僚から迷惑がられてしまうのではないかと不安に思っているのではないかと思います。

私もそうでした。

だから、実際に私の同僚が転職後してきて妊娠をしたり、私自身も転職後に妊娠した経験から、現実はどうなのかをお伝えしていきます。

「転職後の妊娠はいつなら迷惑じゃない?」というすべての方の疑問への絶対的な答えとは言えません。

しかし、両方の立場を経験した私が感じたこと、私の周りの実際の反応をありのままにお伝えしていきます。

 

 

転職後の妊娠は迷惑なのか?妊婦当事者側の私の体験談と意見

私が転職後に妊娠した実際の体験談と意見をお伝えしていきます。

転職採用面接時に「2~3年働いて育休を取りたい」と会社には伝えました。

しかし、私が転職したのは30歳のとき。

転職後、ネットを見ると

「3年は働いてから…」

「人が足りなくて求人かけてるのに、転職してきて妊娠?!」

こんな意見を見て、転職後の妊娠はいつなら快く受け入れてもらえるか、かなり悩みました。

 

転職後の妊娠はいつからなら迷惑じゃないのか?

絶対に子供は欲しいけど、せっかくの転職後に職場で迷惑をかけたくない!

その後の仕事がやりにくくなることや、職場の人間関係への影響を考えると、迷惑だと思われたくない!

私は転職後すぐに徹底的にあらゆるサイトやSNSを調べました!

徹底調査の結果、私は、転職後の妊娠は、3年働いてから産休に入る、というタイミングなら迷惑じゃないと結論づけました。

この、3年働いてからの産休であれば迷惑じゃないと結論づけた根拠を詳しく説明していきます。

 

転職後すぐ1年以内の妊娠は迷惑?

「最低1年は働かないと勤務期間<育休期間になってしまう。」

たくさん調べて最初に、転職後の自分の妊娠の時期を計画する基準になった情報です。

転職後、最低1年は働いてもらえないと、採用してくれた会社が自分を雇う経費で赤字になってしまうのだそうです。

確かにこれは迷惑ですよね。

転職後1年以内の妊娠は、会社にとって迷惑であることがわかりました。

 

新入社員の人件費は3年で元が取れるって本当?

「新入社員は3年で人件費の元が取れる」

私の転職後の妊娠計画を決めたのがこの情報です。

転職後の新入社員も3年で人件費の元が取れるというのは朗報です。

私が知りたかった「転職後の妊娠はいつからなら迷惑じゃないのか」の1つの指標は、3年のようです!

この情報が決定打となり、私は、入社2年半のところで妊活を始めました。

実際、私は、採用時に、2~3年働いてから、育休を取りたいとしっかり伝えていました。

なので、宣言通りで100%迷惑をかけた、ということはなかったと思っています。

 

妊娠適齢期を考える

自分の年齢的に先延ばしにできない、という私のような方もいらっしゃると思います。

実際、35歳を過ぎると妊娠率が下がるというデータが出ています。

そこから逆算して「まだ3年は働ける!」という方は、今が転職を考えるチャンス!

今のうちに、妊娠や子育てに理解のある会社に転職しておくことで、3年間で仕事の経験と、周りの人達との信頼関係を築くことができます。

転職後にしっかりとした働きぶりを見せて、実績を作り、人間関係を構築できていれば、気持ちよく産休・育休を取ることができます。

 

転職後の妊娠は迷惑?同僚側から

私の同僚は、私より後に入社してきましたが、転職後すぐに妊娠をしました。

同僚側の私の心証としては、「なぜ転職してきた?」でした。

周りも私と同じで「え?もう?」という感じでした。

しかし、当然のことながら本人には言えず。

彼女の体調を気遣いながら、産休育休に入る前提の新人に仕事を教えるのは、ただの労力の無駄のようにしか思えませんでした。

(きっと復帰しても今教えたことは覚えていないでしょう…)

では、入社してどれくらい経っていたらもっと快く受け入れることができたのでしょうか?

年齢や仕事ぶりにもよりますが、やっぱり、2~3年は働いてくれていたら気持ちは違った…と思っています。

 

転職後の妊娠を迷惑と言われないための転職方法は?

せっかく頑張って転職しても、転職後の妊娠で周りに迷惑と言われるなんて辛すぎます。

実は、子供が欲しい女性は、妊娠だけでなく、その後長く続く子育てについても考えることが重要です!

なぜなら、幼い子供はすぐに熱を出したり、病気をしたり、子育てママは、頻繁に急な遅刻・欠勤・早退が発生することは避けられません。

しかし、子育てに理解のない職場だと、「やっと産休明けて出てきたと思ったら、休んでばっかり!」と言われてしまうことも…。

最悪の場合、同僚との関係が悪化して、職場にいること自体が苦しくなって辞めてしまう人もいます。

転職はしたいけど、子供もほしい!仕事もプライベートも大切にしたい!

そんなあなたにおすすめなのが、リシェスです。

リシェスは、医療・介護業界に特化したお仕事紹介サービスで、仕事も子育ても充実させたい働く女性にピッタリの転職相談ができます!

看護師・介護士、私のような薬剤師は、やりがいはあるけど、過酷な労働環境で、夜勤があったり、子育てをしながら続けるのは難しいですよね。

でも大丈夫!

リシェスなら、幼稚園のお迎えに間に合うシフトや、夜勤なし、週2日勤務など、子供や家族との時間を優先しながら働くことができるんです!

相談相手のスタッフは、妊娠・出産・子育てに理解がある全員女性で、その職場での妊娠はいつなら迷惑じゃないのかなど、デリケートな悩みも相談しやすいのも特徴!

高時給・高待遇の案件が豊富で、仕事もプライベート妥協できない女性におすすめです。

さらに、今リシェスで転職すると、全件で最低5万円の転職お祝い金がもらえる制度があり、10万円以上のお祝い金をもらった人も続出中!

転職前から始まる相談サポートは、転職後も相談できると公言している安心のサービスは他にはありません!

しかし、こんな至れり尽くせりのサービス、いつ変わってしまうかわかりません。

転職と妊娠のタイミングで悩んでいる方は、超充実のお祝い金制度と手厚いサポートがある今のうちに、ぜひ一度無料で相談してみてくださいね!

経験豊富な専門家が親身になってあなたの話を聞いてくれ、あなたにピッタリの具体的なアドバイスをしてくれますよ。

1分で登録完了!/

 >>自宅で無料WEB相談を申し込む<<

 

リシェス利用者の口コミは?

リシェスを実際に利用した人の口コミを、公式サイトからの引用でご紹介をします。

 

子どもが生まれて介護の仕事に復帰したかったけれど、なかなか希望の勤務時間での求人が見つからず辛い思いをしました。

そんな中リシェスで派遣のお仕事を紹介していただいて、しっかり時間が決まっていて残業もない、自分に合った仕事を見つけることができました。

週3日、子供の送迎時間には間に合うシフトにしていただき、無理なく働くことができて満足しています。

 

 

前職は常に人出不足の現場で、当日に急に残業を支持されても断れず、自宅と会社の往復の毎日がとても嫌で退職。

リシェスでお仕事を紹介していただき、残業もなくプライベートに余裕を持つことができました。

また、お祝い金が出るところも良かったです。

 

このように、リシェスでは自身の都合や働きやすさに合わせて最適な職場を見つけてもらえることができます。

ツイッターでもぜひ利用したい、という声が多数です!

\自宅から無料相談できて安心‼

 >>今すぐWEB相談を申し込む<<

 

 

まとめ

この記事では、転職後の妊娠は迷惑なのか?という多くの女性が気になるリアルな問題について、私の実体験を元に現場の実情をお伝えしてきました。

実際に私が転職後に妊娠したときの当事者の立場では、私の転職時と転職後の工夫、と妊娠まで迷惑と言われないための工夫をご紹介しました。

また、転職してすぐに妊娠した同僚に対して、私や職場の仲間がどう思って、どう反応したのかリアルな現場の様子をお届けしました。

転職後の妊娠はいつなら迷惑じゃないのか、実体験をもとに具体的な期間をご提案しました。

どんな職場でも当てはまるものではありませんが、かなり参考になると思います!

「妊娠を迷惑だと思う人がいるから少子化が進むんだ」と思う点もあるかと思います。

しかし、職場の仲間の妊娠はうれしくても、実際の業務のしわ寄せなど迷惑じゃないときれいごとだけをお伝えするのは嘘になってしまいます。

働くということは社会人の1人としての責任があります。

「転職後の妊娠は迷惑」と思われないために大切なことを、凝縮してお伝えしてきたことが、悩めるあなたのお役に立てることを願っています!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

-ママライフ

© 2021 いろはにほへと Powered by AFFINGER5