エンタメ

玉川徹モーニングショー降板なしの理由はなぜ?出勤停止10日間の甘すぎる理由がヤバい!

玉川徹モーニングショー降板なしの理由はなぜ?出勤停止10日間の甘すぎる理由がヤバい!

モーニングショーのコメンテーターである玉川徹さん。

国葬での菅元総理の弔事への発言が問題になっていますよね。

そんな中、テレビ朝日から玉川徹さんへ、モーニングショーの降板はなしで「出勤停止10日間」だけを下しました。

なぜ玉川徹さんはモーニングショーの降板もなしでたった出勤停止10日間だけの大甘処分なのでしょうか。

こちらの記事で調査していきます。

 

玉川徹モーニングショー降板なしの理由はなぜ?

玉川徹さんがモーニングショーのコメンテーターの降板がない理由は、テレビ朝日側が玉川徹さんと揉めたくないからではないかと考えられます。

Twitterを見ていると、玉川徹さんはもともとあまり評判が良くないようです。

いろは
評判がよくないということは気難しかったりするのかな…?

玉川徹さんは過去にも問題発言をしたことがあり、テレビ朝日側もトラブル回避の意図で降板を言い渡さなかった可能性があるかもしれません。

ですがここまでの炎上で騒動に発展すると、テレビ朝日も事態を重く見て玉川徹さんを降板にする可能性は大いにあるのではないかと考えられます。

こちらも現在調査中なので新しい情報が入り次第追記していきますね!

 

今回の玉川徹の問題発言とは?

玉川徹さんは9月28日のモーニングショーにおいて、安倍元首相の国葬で行われた菅義偉前首相による弔辞読み上げに関して「(広告大手)電通が入っている」などと、事実ではないことをあたかも事実であるようにコメントしました。

これが問題となりSNSでは大炎上。Twitterでは「#玉川徹の降板を求めます」「玉川徹の謹慎処分に抗議します」というハッシュタグがついてトレンド入りする事態になっていました。

本人は、翌29日に同番組内で「昨日のパネルコーナーの中で、私が安倍元総理の国葬に電通が関与しているというふうにコメントしたんですが、事実ではありませんでした」と発言を訂正し、謝罪をしたのですが、SNSでの炎上は収まっていません。

 

玉川徹が出勤停止10日間の大甘処分の理由がヤバい!

玉川徹さんが出勤停止10日間だけの大甘処分である理由は、玉川徹さんはテレビ朝日の社員であるからと考えられます

テレビ朝日側は同局は4日の定例社長会見で、改めて玉川徹さんの処分を「謹慎」(出勤停止10日間、5日から)と発表しました。

その処分理由として「2022年9月28日『羽鳥慎一モーニングショー』で事実に基づかない発言を行い、その結果、番組及び会社の信用を傷つけ、損害を与えたことによる処分である。また、その管理監督責任を問うものである」とも発表しています。

いろは
確かに理由に対してこの処分は甘い気が…

これがタレントやフリーのコメンテーター等であれば速攻降板になる案件と考えられますが、玉川徹さんはテレビ朝日の正社員。

恐らく問題に発言をしただけで、誰かを肉体的に傷つけたり、巨額のお金が動いたり、法律を破ったりしたわけではないので、出勤停止10日間だけになったのではないかと考えられます。

 

まとめ

こちらの記事では、玉川徹さんがモーニングショー降板なしの理由はなぜかについて調査してきました。

誰でも面倒な人とは関わりたくないですもんね。

また、玉川徹さんの出勤停止10日間の処分はなぜこんなに大甘なのかもご紹介してきました。

また新しい情報が入り次第追記していきます。

玉川徹さんは出勤停止10日間でほとぼりは冷めるのでしょうか…。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-エンタメ

© 2022 いろはにほへと Powered by AFFINGER5