ライフ

敷地内同居を成功させるには?私が義実家とうまく付き合う5つのポイント


もしあなたが旦那の両親と敷地内同居をすることになったら?

 

「監視されてるみたいで嫌…」「うまく付き合っていけるか不安」

 

と、とても不安になってしまいますよね。

 

そんな不安や心配を、敷地内同居歴5年の私が、敷地内同居を成功させるために実際にやっている、義実家とうまく付き合うポイント5つをご紹介します!

 

自分
現代も、先祖代々の土地があったりする地方在住の方などは敷地内同居をしたりすることは結構ありますよね。

私は、敷地内同居にして正解でした。

だって、夕食のお惣菜がもらえたり、お菓子をもらえたり、子供を見ていてくれたり…

うちは共働きワンオペ家庭なので、メリットがはるかに上回っています。笑

 

注:ここでの「敷地内同居」とは、「同じ土地(敷地内)の別々の家で住むこと」を指しています。





敷地内同居成功のコツ①玄関と駐車場は義実家から見えない場所に設計する

まだ実際に家は建てていないという人は必見!

 

敷地内同居の成功のためには、設計をする際は必ず、義実家から見えない場所に玄関と駐車場を配置しましょう。

 

義実家から玄関や駐車場が見えると、

 

「あれ?お嫁さんどこに行くのかな?」

 

「あ、お嫁さんところのご両親が来た。」

 

など、動向を把握される可能性があります。

 

もし自分が体調を崩したり、将来子供が生まれたりして自分の親が出入りする場合も、義実家の目につきにくい場所に玄関があった方が自分の両親も出入りしやすいはず。

 

敷地内同居をする際は、玄関と駐車場は義実家の反対側にするのがオススメです。

 


敷地内同居成功コツ②鍵は絶対に渡さない

敷地内同居成功には、これもマスト!

 

もし自分も旦那さんも働いている場合、鍵を渡してしまうと、勝手に出入りされてしまう可能性があります。

 

うちは、家を建ててすぐに義両親から「何かあるといけないから鍵を1本ほしい」と言われたのですが、断固拒否しました。

 

万が一鍵をかけ忘れられて空き巣に入られたり、何かを紛失したときに義両親を疑うことになると、お互い不信感を生みかねません。

 

自分では断り切れない場合は旦那さんに断ってもらいましょう。

 

「万が一お金が減ったりしていたり何かをなくしたときに義両親を疑いたくないから」と伝え、あくまでも「ただ嫌だから」というのを全面に出さないように伝えるのがコツです。

 


敷地内同居成功のコツ③挨拶は徹底

朝、新聞を取りに出たときに義親と遭遇したりと顔を合わせることがあるかもしれません。

 

万が一スッピンぼさぼさでも、挨拶だけは徹底することを私は心がけています。

 

挨拶はコミュニケーションの基本中の基本。

 

何か嫌なことを言われたりしたときも、次の日には作り笑顔でも挨拶することが敷地内同居でうまくやるには大切です。

 


敷地内同居成功コツ④不定期にプレゼントや差し入れをする

義両親の誕生日や母の日、父の日などの記念日はもちろん、

 

「あ…最近いただきものが多いな」

とか

「先日子供を見ててもらったな…」

「ちょっと遠出をした」

 

というときは、不定期にプレゼントやお土産などの差し入れをしています。

 

ただし、私が1つ、絶対に持参しないように気を付けているのが、

 

「自分の手作り料理」です。

 

義母に対抗しているように感じられたり、

 

「味付けが濃い」などと思われてしまうといけないので、差し入れるのは必ず「購入したおいしいもの」にしています。

 

敷地内同居成功コツ⑤いただきものは素直に喜んで受け取る

敷地内に住んでいると、義両親からも、夕食のお惣菜や、誕生日にケーキなどをもらうことがあります。

 

「あ…今日の夕食はもう決まってるのに…」と心の中で思っても、素直に喜んで受け取っています。

 

相手も、嫌ならくれないはずだし、「喜んでくれるかな?」と思ってやってくれているはずなので、いただきものは必ず受け取りましょう。

 

決まっていたメニューは翌日に回し、魚や肉の食材は冷凍庫にinです!

 

まとめ

ここでは、敷地内同居歴5年の私が、敷地内同居を成功に導く5つのポイントを解説しました。

 

5つのポイントとは、

  • 玄関と駐車場は義実家の反対側に
  • 鍵は絶対に渡さない
  • 挨拶は徹底する
  • 不定期にプレゼントやお土産、差し入れをする
  • いただきものは素直に喜んで受け取る

でしたね。

 

これから敷地内同居をする人、現在敷地内同居をしていて悩みがある人は参考にしてみてください!





-ライフ

© 2021 いろはにほへと Powered by AFFINGER5