エンタメ

【追悼】志垣太郎の現在の仕事は?佐賀県への遠征は何だったかも調査!

ベルサイユのバラのアンドレ役やあかんたれで有名な俳優の志垣太郎さんが、2022年3月5日に70歳でお亡くなりになっていたことが分かりました。

志垣太郎さんは亡くなる直前の2022年3月現在、どんな仕事をしていたのでしょうか。

佐賀県への遠征は何だったのかも含めてこちらの記事で調査してみました。

 

【追悼】志垣太郎の現在の仕事は?

志垣太郎さんの2022年3月現在の仕事は、雑誌の取材がメインだったようです。

調べていくと、志垣太郎さんは、2本の雑誌

  • 月刊Anchor:日本経済を支える経営者を紹介する雑誌
  • 月刊センチュリー:中小企業の活躍を伝える情報誌

において、インタビュアーをしていたことが分かりました。

志垣太郎さんのドラマなどの出演は、2018年に米倉涼子さん主演『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』に出演したのが最後だったようです。

そのため、亡くなる前までは雑誌の仕事をしていたのではないかと考えられます。

 

【追悼】志垣太郎の佐賀県への遠征はどんな仕事?

志垣太郎さんの佐賀県への遠征は、上記でご紹介したように、おそらく雑誌の取材関係だったのではないかと推測されます。

志垣太郎さんは、2017年3月に雑誌の取材で佐賀県鳥栖市の動物病院を訪れていたことがあったようです。

その他にも志垣太郎さんは雑誌の取材で

  • 香川県
  • 宮城県
  • 鳥取県

など、地方に遠征していたことが分りました。

いろは
地方に行くことが多かったんだね

今回この記事の執筆のために志垣太郎さんの取材先を調べていたのですが、「志垣太郎さんが訪れました」と、志垣太郎さんとの笑顔のツーショット写真をブログに掲載したものが複数上げられていました。

その様子から、志垣太郎さんは取材先でも愛され、そのお人柄が滲み出ており、素敵な方だったことがうかがえます。

志垣太郎さんが亡くなった2022年3月の佐賀県への遠征も、恐らく雑誌の取材だったのではないでしょうか。

3月はまだ寒い日も多いので、心臓に負担がかかったりしたのかもしれませんね。

 

まとめ

こちらの記事では、志垣太郎さんが亡くなる2022年3月現在の仕事はどんなことをしていたのか、佐賀県への遠征は何の仕事だったかも調査してきました。

志垣太郎さんは最近テレビなどでお見かけしないと思っていたら、雑誌のインタビュアーという形でご活躍されていたんですね。

今回の件はとても残念でしたが、志垣太郎さんのご冥福をお祈りしたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-エンタメ

© 2023 いろはにほへと Powered by AFFINGER5