映画・ドラマ

竜とそばかすの姫を子供に見せたくない理由はなぜ?何歳から見れるのかも紹介!

竜とそばかすの姫を子供に見せたくない理由はなぜ?何歳から見れるのかも紹介!

竜とそばかすの姫はアニメではあるのですが、親の間では子供に見せたくないと言われてしまっています。

なぜ竜とそばかすの姫は子供に見せたくないと言われてしまっているのでしょうか。

子供に見せたくないような過激なシーンなどがあるのか調べてみました。

また、竜とそばかすの姫を子供に見せたくないのであれば、竜とそばかすの姫は一体何歳から見れるのかも調査してみました。

何歳くらいから見られるのか大体の目安が分かると安心ですよね。

こちらの記事では、竜とそばかすの姫を子供に見せたくないと言われる理由はなぜなのかについてと、竜とそばかすの姫は何歳から見れるのかも紹介していきます。

ぜひ最後までご覧ください!

 


竜とそばかすの姫子供は見せたくないと言われる理由はなぜ?

竜とそばかすの姫を子供に見せなくないと言われる理由は4つあります。

竜とそばかすの姫を子供に見せなくない理由の4つとは、

  1. 母親が死亡するシーンがある
  2. いじめを受けるシーンがある
  3. 父親から虐待されるシーンがある
  4. 上映時間が長い

点になります。

では、1つずつ、どういうことなのか詳しくご紹介していきます。

 

竜とそばかすの姫を子供に見せなくない理由①

母親が死亡するシーンがある

竜とそばかすの姫の物語は、主人公のすずが幼い頃に事故で母親を目の前で亡くすところから始まります。

すずは母親が目の前で、川に取り残された子供を助けようとして母親が死亡するのを目の当たりにし、ショックで歌えなくなってしまいます。

目の前で「お母さん行かないで!」と叫ぶ自分を振り切って別の子供を助けに行って母親が死亡する…。

映画ではありますが、目の前で母親が死亡するというショッキングなシーンがあるので、幼い子供にはまだ見せたくないという親が沢山いますし、小さい子供もショックを受けてしまう可能性があります。

そのため、生と死について理解できること、映画はあくまでも仮想のストーリーであることを認識できる年齢でない幼い子供には竜とそばかすの姫は見せることを避けた方がいいと考えられます。

 

竜とそばかすの姫を子供に見せなくない理由②

主人公がいじめを受けるシーンがある

主人公の鈴は、学校一の人気者イケメン・しのぶ幼馴染で昔から仲が良いのですが、それを一部の女子に関係を誤解されて炎上していじめを受けるシーンがあります。

2人の関係の詮索がすごいスピードで鈴の元へ届くのですが、このシーンを見て、過去にいじめを受けたことがある子供は「トラウマが蘇った」と感想を語っています。

また、仮想世界でベルが初めて歌うシーンや炎上シーンでは、仮想世界“U”の住人たちがベルに中傷を浴びせます。

仮想世界ではそのコメント量が膨大で、映画内で可視化されると竜巻のようでした。

しかも、中身の中傷の内容がかなりリアルになっているので、もし現在進行形でいじめを受けている子供や、過去に同様のSNSでのいじめを受けたことがある子供は見るのが辛いかもしれません。

また、「このようないじめがあるんだ」とか、「こんないじめ方があるんだ」と変に解釈する子供も出てきかねないので、子供には見せなくないと思われても仕方ない作品なのかなと感じます。

 


竜とそばかすの姫を子供に見せなくない理由③

虐待シーンがある

竜とそばかすの姫には、暴力シーンや虐待シーンがあります。

1つは、竜の正体である恵(けい)が父親から受けている虐待、もう1つは、物語の終盤で、少年が大人から暴力を受けるシーンになります。

特に、実の父親から虐待を受けるシーンは、子供にとって刺激が大きいです。

場面としては多くないのですが、幼い子供にとって、一番身近で信頼している親から虐待を受けるシーンを観たらショックを受けてしまう可能性が大きいですよね。

そのため、竜とそばかすの姫を見るのは、暴力や虐待がいけないことである、もし自分が受けたらちゃんと周りにSOSを出すことができる、など、善悪がまだしっかりつかない子供には見せたくないなと感じます。

 

竜とそばかすの姫を子供に見せなくない理由④

上映時間が長い

竜とそばかすの姫は、上映時間が長いです。

ストーリーだけで120分ほどあります。

それに加えて、DVDなどでも本編に入る前の番宣の早送り・スキップできないと、長いとトータル150分くらい時間がかかってしまうんです。

竜とそばかすの姫はストーリーも少し難しいので、それを2時間半近く見続けるのは子供にはまだ難しいと考えられます。

長時間の映像の視聴による視力などへの影響を考えても、子供には見せたくないと考える親は沢山いるんですよ。

 

竜とそばかすの姫のあらすじは?

竜とそばかすの姫は、仮想世界「U」と現実世界が舞台で、この間を行き来するストーリーです。

主人公は、幼い頃に事故で母親を亡くしたショックから人前で歌えなくなってしまった少女すず。

そんなある日、すずは、親友に誘われた仮想世界「U」というゲームにログインすると、もう1人の自分「ベル」の姿であれば人前で歌うことができることに気づきます。

ベルの歌は、聴く人に『自分の為に歌っているような』感覚にさせる魅惑的な歌声で、瞬く間に世界中から注目される歌姫に。

そんな世界中が注目するベルのライブの日、すずは会場に侵入した「竜」と呼ばれる背中にアザを持つ嫌われ者の獣のアバターと出会います。

彼に惹かれるすず(ベル)は、50億人がログインする仮想世界「U」から彼を探し始める、というストーリーです。

 


竜とそばかすの姫が子供は見せたくない何歳から見れる?

竜とそばかすの姫は何歳から見られるか、と聞かれたら、11才くらいの小学校高学年くらいからでしょうか。

竜とそばかすの姫は11歳くらいから見れると感じる理由として、

  • 仮想現実と現実世界を行き来するストーリーが難しい
  • 母親が死亡するシーンがある
  • いじめを受けるシーンがある
  • 親から虐待を受けるシーンがある
  • 上映時間が長い

からです。

ストーリーを現実から切り離して、あくまでも映画のお話、と区別ができる年齢で観ることがオススメです。

 


まとめ

こちらの記事では、竜とそばかすの姫を子供に見せたくないと言われる理由はなぜなのかについてご紹介してきました。

竜とそばかすの姫はアニメでも子供にとって刺激的なシーンがあるようなので注意が必要ですね。

また、では竜とそばかすの姫は何歳くらいから見れるのかも調べてご紹介してきました。

話自体は人気もあるので、ぜひ大人の方は見てみてくださいね!

最後まで、竜とそばかすの姫を子供に見せたくないと言われる理由はなぜなのかについてと、竜とそばかすの姫は何歳から安心して見れるのかも紹介したこちらの記事を読んでいただきありがとうございました。


-映画・ドラマ

© 2022 いろはにほへと Powered by AFFINGER5