本ページにはプロモーションが含まれています。

エンタメ

吉田直樹の年収がヤバい?なぜこんなにすごいのかも調査!

『ファイナルファンタジーシリーズ』を人気ゲームに復活させた立役者として注目されている、ゲームクリエイター・吉田直樹さん。

かなりやり手のゲームクリエイターである吉田直樹さんの年収はどれくらいなのでしょうか。

また、吉田直樹さんは次から次へとすごいゲームが作れるのかも気になりますよね。

そこでこちらの記事では、吉田直樹さんの年収について調べてみました。

 

吉田直樹の年収がヤバい?

吉田直樹さんは現在、スクエア・エニックスの取締役兼執行役員。

経営者という立場のため、大企業の取締役の平均年収2億円以上ではといわれています。

取締役兼執行役員の報酬に加え、開発事業本部長としての収入もあるでしょうから、吉田直樹さんの年収はえは間違いないと考えられます。

 

吉田直樹はなぜこんなにすごい?

吉田直樹さんは、なぜこんなにすごいゲームが作れるのかというと、自分で操作するからこその体験や遊びを自ら生み出したい気持ちが根底にあります

画面の中のモノを単純に受け取るだけではない面白さを表現し、プレイヤーに最高の体験を提供することを重要視

そこには吉田直樹さんが幼い頃に初めてテレビゲームをプレイしたときの、体験を共有する衝撃や楽しさを多くの人に知って欲しいという想いがあるのです。

スクウェア・エニックスの社風自体、年功序列や派閥がなく説得力と熱意があれば周囲を巻き込み最大限の能力を発揮できるんだとか…。

吉田直樹さんがすごいゲームが作れるのは、とにかくゲームが好きという熱意とゲームで食べていく覚悟が原動力だからです。

 

 吉田直樹の経歴

吉田直樹さんの経歴をまとめてみました。

  • 名前 吉田直樹(よしだ なおき)
  • 生年月日 1973年5月1日
  • 年齢 50歳(2023年現在)
  • 出身地 北海道札幌市

札幌のハドソン系の専門学校を経て、1993年にハドソンに入社。

『天外魔境』『ボンバーマン』シリーズを手掛けていました。

2004年に『ドラゴンクエストⅩ』を手掛けた斎藤陽介さんのスカウトで、2005年にスクウェア・エニックスに入社。

『ドラゴンクエストⅩ』ではチーフプランナーを担当、2007年〜2009年まディレクターの藤澤仁さんの代理を務めました。

藤澤仁さんの復帰を機に新規プロジェクト立ち上げのため、『ドラゴンクエストⅩ』のプロジェクトから離れました。

2010年に『ファイナルファンタジーXIV』のクオリティーを上げるため、プロデューサー兼ディレクターに就任。

『ファイナルファンタジーXIV』のクオリティー向上に貢献したことが評価され、ファミ通アワードでMVPを受賞。

2015年にスクウェア・エニックスの執行役員制度の導入に伴い、吉田直樹さんが選出されました。

執行役員にはなりましたが、現在も開発に携わり第三開発事業本部長を務めています。

関連記事

吉田直樹の出身大学や高校はどこ?

吉田直樹の結婚相手に子供など家族構成は?

 

まとめ

吉田直樹さんの年収について紹介してきました。

まとめると以下のようになります。

  • 吉田直樹さんの年収は、大企業の取締役の平均年収2億円以上ではといわれている

 

  • 吉田直樹さんがすごいゲームを作れるのは、多くの人に体験を共有する衝撃や楽しさを提供したい熱意と覚悟があるから

吉田直樹さんの経歴

  • 札幌のハドソン系の専門学校を経て、1993年にハドソンに入社
  • 『天外魔境』『ボンバーマン』シリーズを手掛けた
  • 2004年に『ドラゴンクエストⅩ』を手掛けた斎藤陽介さんのスカウトで、2005年にスクウェア・エニックスに入社
  • 『ドラゴンクエストⅩ』ではチーフプランナーを担当、2007年〜2009年まディレクターの藤澤仁さんの代理を務める
  • 藤澤仁さんの復帰を機に新規プロジェクト立ち上げのため、『ドラゴンクエストⅩ』のプロジェクトから離れる
  • 2010年に『ファイナルファンタジーXIV』のクオリティーを上げるため、プロデューサー兼ディレクターに就任
  • 『ファイナルファンタジーXIV』のクオリティー向上に貢献したことが評価され、ファミ通アワードでMVPを受賞。
  • 2015年にスクウェア・エニックスの執行役員制度の導入に伴い、吉田直樹さんが選出
  • 執行役員にはなりましたが、現在も開発に携わり第三開発事業本部長を務めている

『ファイナルファンタジーシリーズ』を全世界から愛されるゲームへと成長させた吉田直樹さん。

これからもゲームに対する熱意と覚悟で、多くの人を魅了するゲームを生み出して欲しいですね!

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

-エンタメ
-,

© 2024 いろはにほへと Powered by AFFINGER5