ライフ

生ラムネはどこで売ってる?世界で唯一手に入る場所は〇〇〇!


かつて生ラムネは、森永製菓が2010年~2018年3月まで販売していましたが、近年は生ラムネを手に入れることはできませんでした。

 

ネットでも「生ラムネ どこで売ってる」のキーワードでよく検索されていますが、販売しているサイトや店舗はヒットしません。

 

が、

 

この度、「クッピーラムネ」を製造する「カクダイ製菓」が、2021.3.3に名古屋ジェーアール高島屋に「ザ・ラムネラバーズ」というラムネ専門店をオープンしました!

 

生ラムネを食べることができるのは世界でここだけ。

 

実際に購入して食べた感想をご紹介します!





生ラムネはどこで売ってるの?

生ラムネは、愛知県名古屋市の、名古屋駅にあるジェーアール名古屋タカシマヤの1階で販売しています。

 

バームクーヘンの「クラブハリエ」のお隣です。

 

お店の名前は「ザ・ラムネラバース」

 

以前は期間限定で店が変わるスペースだったところです。

 


実際に購入してみた

この生ラムネは、新しい名古屋土産にしようとパッケージにもこだわっています。

 

自分
ついお土産に買いたくなっちゃうようなかわいいデザイン

 

箱もかわいいけれど、袋も手を抜いていません。

袋と箱♪

袋の裏面もこんなかんじ↓

 

袋も箱も、捨てるのがもったいないくらいかわいいデザインです。

 

おじさんが名古屋出張のお土産で、会社の女の子に配ったら絶対喜ばれます♪

 


生ラムネは何種類あるの?味はどう?

生ラムネは味が5種類あります。

  • ハニーレモネード
  • オレンジティー
  • ピスタチオラズベリー
  • メロンクリームソーダ
  • 名古屋小倉バター

です。

 

私はメロンクリームソーダを実食。

持った感じは普通のラムネなのですが、口に入れて少し力を入れるだけで簡単にほろほろと溶けます。

 

しっとりとして「雪解けのような口溶け」とネットニュースで表現されているのがとてもしっくりきます。

 

ソーダ味なので、余計にそう感じたのかもしれませんが、少しひんやりとしてほろほろと溶けてとてもおいしかったです♪

 

カクダイ製菓によると、通常ラムネは70度の温度で25分間乾燥をさせるようですが、生ラムネはこの過程を省略しているようです。

 

この「乾燥抜き」のポイントが、口の中でのほろほろ感につながっているのではないでしょうか。

 

今までは工場内でしか食べられなかった幻の商品が、今回ついにお披露目!といったところですね。

 

ツイッターでもおいしいという声が多く上がっています。


量と値段は?

気になる生ラムネの価格は、40gで810円

 

生ラムネ全種類を詰め合わせたアソートボックスは、

  • 5袋入り1,620円
  • 15袋入り3,888円

とのことです。

 

少し高いかな?と思いますが、生ラムネを食べられるのは世界でここだけ!なので一度購入の価値はアリです。

 

成分は何が入っているの?

生ラムネに含まれているのは以下の通り。

  • 砂糖
  • コーンスターチ
  • ばれいしょでん粉
  • デキストリン

と、あとは味によって異なるようですが、メロンソーダ味の場合は、

  • メロン濃縮果汁
  • 加糖れん乳
  • 酸味料・香料など

が入っています。

 

主成分は砂糖なので摂りすぎは注意!

 

また、ハニーレモネード味ははちみつが入っているようなので、口の中で溶けると言っても、赤ちゃんには向いていないのではないかと思います。

 

まとめ

ここでは、生ラムネはどこで売ってる?の疑問と、実際に生ラムネを購入して食べた感想を口コミしました。

 

生ラムネが売っている場所は、

  • 名古屋駅の、JR高島屋1階にある「ザ・ラムネラバーズ」

です。

 

売り場もこんなかんじでかわいいよ!(Twitterから写真拝借)

名古屋に行く際にはぜひチェックしてみてください!

 

なつかしのクッピーラムネはネットでも買えるよ♪

メッセージ入りがあるなんて知らなかった!

 

こちらはAmazon限定で安くなっています♪





-ライフ

© 2021 いろはにほへと Powered by AFFINGER5