エンタメ

中居正広がターボ癌と言われる理由はなぜ?ワクチンをいつ何回打っていたかも調査!

中居正広さんがターボ癌ではないかと噂になっています。

ターボ癌はワクチンに関連しているとか…。

なので、こちらの記事では、中居正広さんがターボ癌と言われる理由を調査してみました。

 

中居正広がターボ癌と言われる理由はなぜ?

 中居正広さんがターボ癌だと言われる理由は、3つあります。

中居正広さんがターボ癌と噂される理由3つとは、

  • 新型感染症のワクチンを接種していた
  • 激痩せしている
  • 虫垂炎にかかっている

からです。

ではそれぞれどういうことなのかご紹介していきます。

 

ワクチンを接種している

中居正広さんがターボ癌と噂される理由の1つは、ワクチンを接種しているからです。

最近、若いスポーツ選手などが亡くなったりすると、必ずワクチンとの因果関係を謳う人が出ています。

例に漏れず中居正広さんもそのパターンではないかと考えられます。

 

激痩せしている

中居正広さんは2022年10月に出演した「中居正広のニュースな会」で激痩せしていると、SNSが騒然となりました。

その激痩せに重ねるように、デイリー新潮のネットニュースで、中居正広さんが「深刻な病」による極秘入院をしていたとの報道が出ました。

これによって、中居正広さんがターボ癌ではないかという噂になったのではないかと考えられます。

 

虫垂炎にかかっている

中居正広さんは2022年7月に放送された『音楽の日』の出演を、急性虫垂炎によって欠席しています。

中居正広さんが罹った虫垂炎は、ワクチン後遺症の4位であると言われています。

中居正広さんはこの後遺症かもしれない虫垂炎になったことで、後遺症に関連していると言われるターボ癌ではないかと言われるようになったようです。

 

そもそもターボ癌とは何?

ターボ癌とは、ワクチン接種後に急速に進む癌のことを言う、ドイツ由来の言葉です。

進行スピードが極端に速いために「ターボ」と名付けられているようです。

 

中居正広はワクチンをいつ何回打っていた?

中居正広さんは、最低2回ワクチンを打っていたことが分かっています。

中居正広さんは「中居正広のニュースな会」で 2回目の予防接種を2021年8月10日に実施して、副反応はなかったと話しています。

この頃の接種間隔は、製造メーカーによって5〜6ヶ月以上とされていたはず。

なのでもしかしたら3回目を2022年1月以降に接種していた可能性があります。

 

まとめ

こちらの記事では、中居正広さんがターボ癌と噂されている理由はなぜかについて調査してきました。

中居正広さんの体調不良は心配なのでゆっくり休んでしっかり元気になってほしいですよね!

最後まで、中居正広さんがターボ癌と言われる理由についての記事を読んでいただきありがとうございました。

-エンタメ

© 2022 いろはにほへと Powered by AFFINGER5