エンタメ

KWANGYAとKOSMOの読み方と意味は何?関連を解説!

KWANGYAとKOSMOの読み方と意味は?関連も解説!

韓国のアイドルグループ、aespa(エスパ)やEXOなどのSMエンターテイメント所属のアーティストが新曲などを発表すると必ずと言っていいほど、K-popのトレンドワードに上がる「KWANGYA」や「KOSMO」。

何て読むの?読み方と意味がさっぱり、何のこと?という人に解説!

どうしてもファンやニュースサイトが解説したものだと説明が長いし分かりづらい…。

なので、こちらではK-popに詳しくない人にも分かりやすいように、KWANGYAやCOSMOの読み方や意味、2つの関連をご紹介!

こちらの記事で、KWANGYAとKOSMOの読み方と意味は?関連も解説します!

 


KWANGYAの読み方と意味は?

まずは、「KWANGYA」の読みは「クァンヤ」。意味は韓国語で「荒野」と言います。

結論から言うと、「KWANGYA」の意味は、aespaやEXO、NCTなどの韓国アイドルグループが所属する事務所であるSMエンターテイメントの社屋のことを指しています。

なぜ、荒野が事務所のことを指しているのか。

それはこのSMエンターテイメントが目指す姿を表現しているのです。

さらにKWANGYAはどういうことなのか、詳しく見ていきましょう。

 

KWANGYAの意味は?

「KWANGYA」の意味は、SMエンターテイメントの事務所であると同時に、仮想世界である「FLAT」の向こうにある無規則な無限の領域のこと、と公式に発表されています。

要するに、aespaやEXOがSMエンターテイメントの一員として、活動を通して事務所から既存の枠を超えて目指していくところを指します。

KWANGYAの意味を簡単に表現すると上記にようになるのですが、さらに深くKWANGYAを知りたい!という人に、詳しくKWANGYAの発端や経緯を掘り下げたのでよろしければ以下もご覧ください。

 

KWANGYAの読み方や意味が話題になったきっかけと経緯は?

遡ると、「KWANGYA」の発端は、2020年9月25日に公開された、NCT(2016年に発足した韓国の男性グループ)の新プロジェクトでした。

新プロジェクトの「NCT 2020 : The Past & Future - Ether」の中に「無意識の海からろ過された波動をクァンヤ(表記はハングル)と呼ぶ」という英語ナレーションと英語の字幕が入っていたのです。

これが、「KWANGYA」の最初のきっかけになります。

そして、「KWANGYA」のキーワードがSMアーティストの歌詞の中に最初に登場したのは、2020年11月17日にリリースされたaespaのデビュー曲「Black Mamba」でした。

このときは「KWANGYA」はそんなに話題にならなかったのですが、その6日後である23日にMVが公開されたNCT Uの「90's Love」(アルバム『NCT The 2nd Album RESONANCE Pt. 2』に収録)にも「KWANGYA」という表現が登場すると、ネット上で「KWANGYA」って何?と話題になりました。

それは、YouTubeの公式日本語字幕で「KWANGYAを越えてもっと近くに」と表記されたのです。

さらに、aespaの「Black Mamba」ミュージックビデオを見返してみると、こちらも字幕で「君はKWANGYAを彷徨っている」と表記されていたのです。

その後2021年5月17日リリースのaespa「Next Level」の「KWANGYAへ歩いていく」、6月7日リリースのEXO「Don't fight the feeling」(アルバム『DON'T FIGHT THE FEELING』収録)の「KWANGYAの上を疾走する」という歌詞で「KWANGYA」とは何だ?と、どんどんザワつきが大きくなり、日本でもTwitterのK-POPトレンドワードに上ってくるようになりました。

「KWANGYA」の正体が何であるのかが特定されたのは、aespaの「Next Level」MVに出てくる探知機のような機械に「KWANGYA 37° 32' 40.2“N 127° 02' 40.0“E」という謎の文字列が写っているのを確認されたのがきっかけになります。

これが「KWANGYA」の場所を特定する座標であるとして検索をしてみると、SMエンターテインメント(以下、SMエンタ)の新社屋(ソウル市聖水洞)だったのです。

そしてついに、「KWANGYA」について、2021年6月29日にオンライン上で行われたSMエンターテインメントグループの『SM Congress 2021』で正式に公表されたのです。

「KWANGYA」 とは、仮想世界である「FLAT」の向こうにある無規則な無限の領域のことである「KWANGYA」、と表現されました。

NCT DREAMが6月28日にリリースしたリパッケージアルバム『Hello Future』のタイトル曲にも、「僕の未来に伝えてくれ 世界中とあのKWANGYAの上に 後悔なく愛したと言うよ」という歌詞表現がありました。

また、『SM Congress 2021』で公開された「SMCU the Origin」コンセプト映像は、「昔KWANGYAがあった その向こうにKOSMOが存在した」というナレーションがあったのですが、この「KOSMO」という言葉も、aespa、NCT Uの歌詞に登場しているので、今後ネットで話題になると考えられます。

 


COSMOの読み方と意味は?

この「COSMO」はコスモ、イタリア語で「宇宙」を意味します。

この「COSMO」のSMエンターテイメントにおける意味はまだ詳細が発表されていないので、また進展や詳細が分かったら更新させていただきます。

また、もしご存じである方がいれば、コメント欄等で教えていただけるとありがたいです。

 


KWANGYAとKOSMOの関連は?

こちらはまだ詳細が分からないのですが、今までの過去はKWANGYA、これからの未来はCOSMOを描いているような印象を受けます。

先ほどに述べた『SM Congress 2021』で公開された「SMCU the Origin」コンセプト映像で、「昔KWANGYAがあった その向こうにKOSMOが存在した」というナレーションがありました。

この「KOSMO」という言葉も、aespa、NCT Uの歌詞に登場しています。

単純に「KOSMO」が宇宙を訳されるように、「SMエンターテイメントのKWANGYAである事務所を超えて、アーティストたちには宇宙にはばたく大きな存在になってほしい」という意味が込められているように感じます。

なので、今後はKOSMOを目指して活動をしていくのではないかと思います。

こちらもまた詳細がわかれば更新をしていきます。

 


まとめ

こちらの記事では、KWANGYAとKOSMOの読み方と関連は?について解説をしました。

今まで「何?」と思っていた2つの言葉の使い方は理解できましたでしょうか。

これで、今後K-popでKWANGYAとKOSMOがトレンドに上がっても大丈夫!

また、さらにKWANGYAとKOSMO関連も併せて解説しました。

最後まで、KWANGYAとKOSMOの読み方と意味は?関連も解説!の記事を読んでいただきありがとうございました。

 


-エンタメ

© 2021 いろはにほへと Powered by AFFINGER5