本ページにはプロモーションが含まれています。

エンタメ

KROSSの運営会社はどこ?イベント大炎上の理由10選

2023年1月2日に名古屋ドームにて開催された、韓国を中心に、アジアから世界へと活躍するアーティストによる、国内最大級のフェスティバルイベント「KROSS vol.1 -kpop masterz-」。

しかし、KROSSのイベント後に運営が酷い、グダグダ、と大炎上が起きたんです。

果たして「KROSS vol.1 -kpop masterz-」 を開催した運営会社はどこだったのでしょうか。

また、イベントが大炎上した理由は何だったのかも気になりますよね。

そこでこちらの記事では、「KROSS vol.1 -kpop masterz-」の運営会社はどこだったのか、イベント大炎上の理由もまとめてみました。

 

KROSSの運営会社はどこ?

KROSSのイベントを運営しているのは、株式会社Birdmanという会社です。

あまり聞き慣れない社名ですが、株式会社Birdmanは"夢を応援する社会をつくる"ことを目標に掲げています。

事業内容としては、

  • アジアを中心とした海外事業
  • ブランディング事業
  • スポーツサービス

などを手がけている会社です。

この会社は福利厚生がすごくて、

  • 毎月1万円を自分磨きのために支給する「自分磨きサポート」制度
  • 社員が両親にプレゼントするため年1回1万円を支給する「家族孝行手当」制度
  • 大学生を社員として登用する

など、柔軟な働き方、対応を心掛け、若者の夢を応援して楽しく働ける環境作りに力を入れている会社です。

  • 株式会社Birdman
  • 所在地:東京都渋谷区松濤一丁目5番3号
  • 設立:2012年7月26日
  • 代表取締役社長:伊達晃洋
  • 事業内容:コンサルティング、戦略設計ブランディング、PRプロモーションなど

また、KROSSの運営に関わっている会社は他に2社あり、

  • 株式会社Entertainment Next:Birdmanの子会社
  • ネクストロードプロダクション:KROSSの問い合わせ先として名前があるものの、社長名や会社概要も不明…こちらもBirdmanの関連会社か

がありますが、ネクストロードプロダクションは、

  • 会社所在地
  • 社長名
  • 会社概要

も判然とせず、イベントとしてもやはり不安要素が残ります…。

 

KROSSのイベント大炎上の理由

KROSSのイベントが大炎上した理由は、10個あります

その10個とは、

  1. 申込開始後、VIP席とSS席が売り切れてから一般席をVIP、SS席に拡大
  2. VIP席、SS席が売り切れてから出演者の追加発表がされる
  3. 出演者がまさかのイベント当日早朝出国、朝7時入国
  4. リハーサル時間が押して開場が30分遅れる
  5. VIP最前列と花道脇の席は関係者席との疑惑
  6. VIP特典がしょぼすぎる
  7. VIP席の端ブロックはステージ端になり、ほとんど出演者の顔が見れなかった
  8. 事前に出演時間40分と発表されていたアーティストの実際の出演時間が30分未満
  9. 出演者のステージ転換にもたつき15分もかかる
  10. プレゼント抽選の景品がまさかの大量のうまい棒 (夜公演はサイン入りグッズに改善)

などと、運営がグダグダで大炎上していました。

このせいで、2回目のKROSSへの参加を躊躇する人が続出しています。

少しは運営が改善されていると良いのですが…。

 

まとめ

こちらの記事では、KROSSの運営会社はどこだったのか、イベント大炎上の理由を調査してきました。

KROSSは2023年1月に名古屋で初開催を皮切りに、他の地域でも開催されており、参加を考えている人にとっては、どこがグダグダで酷かったのか知っておきたいですよね。

KROSSの運営会社にはぜひ改善期待したいところです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-エンタメ

© 2023 いろはにほへと Powered by AFFINGER5