エンタメ

加藤礼愛の歌い方嫌いと言われる理由は?歌上手いのかカラオケバトルの歌唱力も徹底調査!

カラオケバトルやクセスゴで歌声を披露する加藤礼愛。

心のこもった歌唱力は本当に歌上手いと感じさせるのですが、一方で「加藤礼愛の歌い方嫌い!」というSNSでの声も挙がっています。

加藤礼愛の歌い方嫌いと言われる理由はなぜなのでしょうか。

実際の加藤礼愛の歌い方はどうなのか、歌上手いのかも気になりますよね。

こちらの記事では、加藤礼愛の歌い方嫌いと言われる理由は?歌上手いのかカラオケバトル時代の歌唱力も徹底調査していきます。

加藤礼愛の歌い方嫌いと言われる理由はなぜ?

加藤礼愛の歌い方嫌いと言われる理由は、

・喉を絞めるようで苦しそう

・歌い方が和田アキ子みたい

・喉を丸める歌い方はアマチュア

だからです。

私もYoutubeを聴いてみたのですが、最初は「え、めちゃくちゃ上手いじゃん!」と思ったけれど、よくよく聴いていると、「r」の発音がやたら舌を巻くような歌い方で不自然さを感じたり、AIとかMISIA系の歌い方を意識しているのだろうな…と感じるような苦しそうな高音が気になりました。

きっと加藤礼愛の歌い方嫌いと言っている人はこの辺りの喉を絞めるようなクセのある歌い方が気になるのではないでしょうか。

ただ、英語の発音の正確さや気持ちのこもった歌い方は年齢不相応で圧巻です。

SNSでも確かに加藤礼愛の歌い方嫌いという意見もありますが、圧倒的に、「歌上手い」「すごすぎ!」「鳥肌立った!!」という声のほうが多いです。

加藤礼愛の歌い方は母親の影響?

加藤礼愛の歌い方は母親が影響しています。

加藤礼愛の母親は若い頃に音楽バンドをやっており、横浜でボーカルとベースをやっていたと、自身のSNSで語っています。(現在は削除)

また、加藤礼愛は弟と一緒にYoutubeをやっており、弟もかなり歌上手いようです。

そのため、加藤礼愛の歌い方は母親から伝授されたものである可能性が高いです。

加藤礼愛のカラオケバトルの歌唱力は?

加藤礼愛は2020年1月5日に放送された「THEカラオケバトルU-18歌うま甲子園2020全国新人王決定戦」で、Little Glee Monsterの『Jupiter』を披露して話題になりました。

まだ小学生なのに小学生とは思えないような迫力のある歌声と、正確な音程、裏声も本当に綺麗です。

また、歌の技術だけではなくその表現力も本当に素晴らしいですよね。

SNSで複数の人が「鳥肌が立った」という理由がわかります。

加藤礼愛の歌い方嫌いという人の意見にあるような喉を絞めつけるような歌い方のところを改善したら、将来日本を代表する歌姫になれる可能性は大いにありますよね。

これからの活躍が楽しみです!!

 

加藤礼愛のプロフィール

名前:加藤礼愛(かとう れいあ)

生年月日:2009年5月26日

年齢:11歳(2021年2月現在)

出身地:神奈川県横浜市

身長:135㎝

事務所:エイベックス

好きな食べ物:かまぼこ、梅干し

将来の夢:歌手、ミュージカルに出る事

得意科目:音楽、英語

加藤礼愛さんは過去にavex主催のコンテストで7000人の頂点にも立ち、エイベックスに所属していましたが、現在は無所属で活動をしています。

「THEカラオケバトル」や「千鳥のクセがスゴいネタGP」でとろサーモンの久保田とコラボを披露しているほか、Little Glee Monsterのカバーを歌う「チビグリ」というユニットのメンバーでもあります。

他のチビグリメンバーは、加藤礼愛の他に下記の4人がいます。
akari (酒井朱璃)
RIO(近藤莉桜)
明咲(めいさ)(冨岡明咲)
ななりん(竹岡七海)

まとめ

こちらの記事では、加藤礼愛の歌い方嫌いと言われる理由についてご紹介してきました。

今回FNS歌謡祭に出演することでさらに知名度も上がり、注目を集めていくのではないでしょうか。

また、加藤礼愛は歌上手いのかカラオケバトル時代の歌唱力も併せて徹底調査してきました。

最後まで、加藤礼愛の歌い方嫌いと言われる理由は?歌上手いのかカラオケバトル時代の歌唱力も徹底調査!の記事をご覧いただきありがとうございました。

-エンタメ
-

© 2022 いろはにほへと Powered by AFFINGER5