本ページにはプロモーションが含まれています。

スポーツ

吉田陽菜は帰国子女?英語力がすごい理由も調査!

国際スケート連盟(ISU)のインタビュー動画で、通訳無しでのやり取りを披露した吉田陽菜さん。

英語力が物凄く高いということで、吉田陽菜さんは帰国子女なのではないかとも言われているようです。

真相はどうなのか…また、なぜ吉田陽菜さんはあんなに英語力が高いのかも知りたいですよね!

そこでこちらの記事では、吉田陽菜さんは帰国子女なのかについて調べてみました。

 

 吉田陽菜は帰国子女?


吉田陽菜さんは帰国子女か調べてみましたが、海外生活をしていたという情報は見当たりませんでした。

  • 出生地が愛知県
  • 中学校は名古屋市立猪高中学校に入学の後、木下アカデミーに練習拠点を移したために京都の宇治市宇治中学校に転校
  • 高校は中京大学附属中京高等学校

であることから、吉田陽菜さんはずっと日本で暮らしているため帰国子女ではないと思われます。

おそらくインタビューでの対応を見た視聴者が、吉田陽菜さんの流暢な英語を聞いて海外生活の経験がある帰国子女だと思ったのかもしれませんね!

 

 吉田陽菜の英語力がすごい理由はなぜ?

吉田陽菜さんの英語力がすごいと言われる理由は、

  • 通訳無しでインタビューに応えていたから
  • 英語での受け答えがしっかりしているから

などが挙げられます。

次に、吉田陽菜さんの英語力がすごいと言われる理由を詳しく紹介していきますね。

 

通訳無しでインタビューに応えていたから

吉田陽菜さんは、2022年のジュニアグランプリシリーズイタリア大会でのインタビューで、通訳なしで英語の受け答えをしていたことが話題になりました。

通訳無しで受け答えが出来るということは、相手の言っていることを瞬時に理解しているということ…。

つまり聞き取り能力が優れている証拠なのです!

話す方はまだ片言な部分も多いようですが、何とか相手に伝えようとする姿勢もスゴイと多くの人から称賛されています。

フィギュアスケートの技術を磨くだけでなく、吉田陽菜さんは貪欲に英語力を磨いていて成長が素晴らしいと言われていますよ。

 

英語での受け答えがしっかりしているから

Twitterでの吉田陽菜さんのインタビューの受け答えについて、

  • 記者の英語での質問をちゃんと聞き取れている
  • 文法的にしっかりしている
  • 他の選手が最初だけ英語で応えていたのに対し、吉田陽菜さんは最後まで英語で対応した

などの声がありました。

「世界を目指すなら語学力向上は必須」とも言われているため、学校で習うような英語ではなく、もっと実用的な英語力を身につけていることが分かります。

海外生活の経験がないにもかかわらず、コミュニケーション能力の高い英語力を10代で習得しているのはすごいですね!

 

吉田陽菜プロフィール

最後に吉田陽菜さんのプロフィールをご紹介しておきます。

  • 名前:吉田陽菜
  • 読み方:よしだはな
  • 生年月日:2005年8月21日
  • 年齢:18歳
  • 身長:155cm
  • 出身地:愛知県中学校:名古屋市立猪高(いたか)中学校→宇治市立宇治中学校
  • 高校:中京大学附属中京高校

 

経歴

11歳だった2016-17シーズンに、全日本ノービス選手権Bクラスでは、3連続ジャンプなどを決めて76.79点を獲得し、初出場で初優勝を果たす。

その後も様々な大会に出場して入賞。

2019-20シーズンは中部選手権ジュニアクラスに出場。

スピンすべてでレベル4を獲得し、トータル159.12点で優勝を果たした。

さらに2021-22シーズンでは、シーズン後半に

  • ババリアンオープン優勝
  • エーニャスプリング杯優勝

2022-23シーズンでは、

  • ジュニアグランプリクールシュヴェル
  • ジュニアグランプリエーニャノイマルクト

の二大会で優勝と、着実に進化を遂げている注目選手です!

関連記事

吉田陽菜の両親の職業がすごすぎ!?年収も調査!

 

まとめ

こちらの記事では、フィギュアスケート・吉田陽菜さんは帰国子女なのかについて調べてみました。

まとめると以下のようになります。

  • 出生地が愛知県
  • 中学校は名古屋市立猪高中学校に入学の後、木下アカデミーに練習拠点を移したため宇治市宇治中学校に転校
  • 高校は中京大学附属中京高等学校

であることから吉田陽菜さんはずっと日本で暮らしているため帰国子女ではない

また、吉田陽菜さんの英語力がすごいと言われる理由は、

  • 通訳無しでインタビューに応えていたから
  • 英語での受け答えがしっかりしているから

吉田陽菜さんは帰国子女ではないにもかかわらず、帰国子女にも劣らない英語力を身につけていることが分かりました。

早い段階から世界で活躍することを念頭に置いていたのかもしれませんね!

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

-スポーツ
-,

© 2023 いろはにほへと Powered by AFFINGER5