ライフ

グラコロにエビはいつから入ってる?アレルギーでエビなしは可能かも調査!


グラコロは、最初に発売されたときにエビは入っていなかったはず。

グラコロにエビはいつから入るようになったのでしょうか。

厚労省のデータによると、食物アレルギーを持つ人の6.2%がエビやカニの甲殻類アレルギーとの報告があります。

わざわざ食べられない人がいるエビを入れる必要はあったのでしょうか?

また、エビアレルギーを持つ人がグラコロを食べたい場合、エビなしの注文は可能かも調査しました!

こちらの記事では、グラコロにエビはいつから入ってる?アレルギーでエビなしは可能かもご紹介しています。


グラコロにエビはいつから入ってるの?

グラコロにエビが入ったのは今から4年前の2017年です。

マックの冬の名物、グラコロバーガー。

濃厚なホワイトソースグラタンとたまごソース、そうコロッケソース、みずみずしいキャベツとの相性が抜群で、毎年とても話題になる人気商品ですよね。

しかし、グラコロは今から28年前に発売され、当初はコロッケが具なしで物足りない…という声が上がっていました。

そこでマックがグラコロを大改革!

2017年に発売されたグラコロを食べてみると、コロッケの中にエビとマカロニが…!!

これがSNSでも大反響!

それ以降、毎年マックのグラコロにはエビとマカロニが入っています。

なぜグラコロにエビが入るようになったの?

グラコロになぜエビが入るようになったのかの理由はわかりませんでした。

ただ、おそらく他の食材との相性やバランスを考えての選択だと考えられます。

一般的にグラタンの具といえば、

・玉ねぎ

・鶏肉(やベーコン)

・マッシュルーム

・マカロニ

・エビ

・ブロッコリー

あたりですかね。

これをグラコロバーガーに入れようと思うと、

・玉ねぎ…シャキシャキ担当はキャベツがある

・鶏肉…塊が気になる

・マッシュルーム…地味?

・マカロニ…原価も安く食感も邪魔をしない

・ブロッコリー…緑担当はキャベツ

と考えると、マカロニと、地味すぎず原価も高すぎず、食感も邪魔をしないエビが一番入れやすかったのではないでしょうか。


グラコロはエビアレルギーでエビなしは可能?

マクドナルドのグラコロのアレルギー表示によると、グラコロには法令で規定する特定原材料7品目の中にえび、かにが入っています。

そして、グラコロのエビはグラタンコロッケの中にカニが混ぜ込まれています。

そのため、エビアレルギーがあってもグラコロをエビなしで注文することはできません。

グラコロバーガーのコロッケなしなら可能ですがもはやそれはグラコロではない…。笑

エビなしのグラコロはある?

マック以外で発売されているグラコロには、エビのはいっていないものもあります。

エビが入っていないグラコロを発売しているのは、

・コメダ珈琲の「グラクロ」

・セブンイレブンの「グラタンコロッケバーガー」

・ファミマの「グラタンコロッケバーガー」

になります。

エビアレルギーでマックのグラコロを食べられない人は、ぜひ上記のグラコロを食べてみてください。

(注:変更がある可能性もあるので、必ず成分表示の確認をお願いします。)


まとめ

こちらの記事では、グラコロにエビはいつから入ってるのかを調査しました。

グラコロにとってエビはアクセントになっていて、あの美味しさを表現するにはエビが必要なのですね。

また、エビアレルギーの人にはグラコロをエビなしにすることは可能なのか、他に食べられるグラコロはないのかも調査しました。

最後までグラコロにエビはいつから入ってる?アレルギーでエビなしは可能かも調査の記事を読んでいただきありがとうございました。


-ライフ

© 2022 いろはにほへと Powered by AFFINGER5