ライフ

ふたご座流星群は何年に一度?次はいつなのかも紹介!


2021年12月13日~15日にかけて、ふたご座流星群がピークを迎えます。

ふたご座流星群は何年に一度あるのでしょうか。

中には何十年に一度で、今回を見逃すともう一生見れない流星群もありますもんね!

もしかしたら今回が一生に一度のふたご座流星群かもしれません。

なので、もし今回のふたご座流星群を見逃した場合、次はいつなのかも調べてみました。

こちらの記事では、ふたご座流星群は何年に一度?次はいつなのかも紹介していきます。


ふたご座流星群は何年に一度?

ふたご座流星群は、安定して毎年見られる流星群になります。

しかし、残念ながら今年は観測条件があまり良くありません。

それは、今年は深夜にかけて月明かりの影響を受けるためです。

ですが、流星群自体の出現数は多く、月が出ている時間帯には1時間に20~30個程度、月が沈んだ後には1時間に50個以上見える可能性もあります。

ただ、ふたご座流星群を今回を見逃しても、来年も見ることができるので、そこまで残念がらなくても大丈夫!

あとで、直近で次に見られる流星群も紹介しますね!

ふたご座流星群2021ピークは?

今年のふたご座流星群の活動のピークは14日(火)16時頃とされているので、13日(月)夜と14日(火)夜がオススメです!

天気的には、関東や東海から西の太平洋側、九州では流星観測に好条件なので、月が沈んだ夜中~明け方に空を見てみてください。

ふたご座流星群はどの方角を見ても見ることができますが、オリオン座の左上あたりから放射状に流れるので、まずはオリオン座を探してみましょう。

一方で北日本や日本海側の各地では寒気の影響を受けて雲の広がるところが多い予想なので、雲の隙間からチャンスを待つしかありません。


ふたご座流星群の次はいつ?

ふたご座流星群は毎年見られる流星群になるので、来年もまた見ることができます。

過去のふたご座流星群のピーク日のデータはこのようでした。

  • 2020年12月14日
  • 2019年12月14~15日
  • 2018年12月14日
  • 2017年12月14日

よって、来年も2022年12月14日頃にふたご座流星群は見られる予定です。


ふたご座流星群の次に見れる流星群は?

もし、天気が悪かったり寝てしまったりして今回のふたご座流星群を見ることができなかった場合、次に見られる流星群は、2022年1月4日頃に出現するしぶんぎ座流星群になります。

1ヶ月も空けないで次の流星群が見れるなんて嬉しいですよね!

しかも、2022年1月4日に見られるしぶんぎ座流星群は、前日の3日が新月なので、月明かりの影響を全く受けない好条件で見ることができそうなのです。

もし今回ふたご座流星群を見逃してしまったら、次回1月4日のしぶんぎ座流星群を楽しみに待つのもオススメです!



まとめ

こちらの記事では、ふたご座流星群は何年に一度見られるのかをご紹介しました。

東海や関東では天気も良さそうなので楽しみですよね!

また、もし今回のふたご座流星群を見逃してしまった場合、次の流星群はいつなのかも紹介しました。

最後までふたご座流星群は何年に一度?次はいつなのかも紹介!の記事を読んでいただきありがとうございました。


-ライフ

© 2022 いろはにほへと Powered by AFFINGER5