エンタメ

メンタリストDaiGoの兄弟の学歴が残念?高校大学や職業も全員徹底調査!

メンタリストDaiGoの兄弟の学歴が残念?高校大学や職業も全員徹底調査!

メンタリストのDaiGoってなんであんなに人の心を読めるの?どんな教育を受けてきたの?と気になりますよね。

DaiGoは心理学を用いたパフォーマンスで有名になって、今ではテレビで見ない日はないくらいの活躍ぶり!

このDaiGo、4人兄弟なのですが、他の3人もなかなかの学歴や経歴を持っているのです。

そういわれると兄弟の高校大学や職業も知りたくなっちゃうし、DaiGo家の教育方針も気になっちゃいますよね。

この記事では、メンタリストDaiGoの兄弟の学歴、高校、大学や職業についてと、なぜこの4兄弟は優秀なのか、母親の教育方針も含めて全員徹底調査していきます。

 


メンタリストDaiGoの兄弟の学歴が残念?

メンタリストDaiGoは人の心が読める心理学のパフォーマンスで非常に頭がいいイメージですが、兄弟はどうなのでしょうか。

DaiGoは4兄弟の長男で、下に3人の弟がいます。

実はDaiGoの弟たちの学歴は、東大、慶応…と、DaiGoよりすごいんです!

ここから、DaiGoのプロフィールのおさらいと、兄弟の学歴を紹介していきますね。

 

メンタリストDaiGoのプロフィール

メンタリストDaiGoは私立高輪高校を卒業したのち、慶応義塾大学の理工学部物理情報工学科を卒業しています。

それぞれの偏差値は、

  • 高輪高校…63~69(100%中学からの進学のため、高輪中学校の偏差値)
  • 慶應義塾大学理工学部…65

と、非常にレベルが高く、知能は高いことがわかります。

順調な人生を歩んできたように見えますが、DaiGoは幼少期にいじめに遭っていました。

そんな時、怒って突発的に物を投げた際に、周囲の反応が一変したことから、自分の行動1つで世界は変えられると考えるようになったようです。

メンタリストになったきっかけは、東大に入れなかったことでコンプレックスを抱き、”何かを成し遂げたい!”と考えていた時に友人から紹介されたイギリスのメンタリスト、ダレン・ブラウンに感銘を受け、本格的に心理学を学んで現在の地位を確立。

現在はメンタリストとしてニコニコ動画の運営、Youtubeチャンネルの運営、作家などと幅広く活動しています。

 

メンタリストDaiGoの母親の教育方針とは?

DaiGoの母親は、密かに「1人でいいから東大に行ってほしい」と思い、独自の教育方針を2つ、行っていました。

「好きなことは我慢させない」

DaiGoの母親は子供たちに、「勉強を3時間したら好きなだけゲームをしてもいい」というルールをきめています。

普通の家庭は「ゲームは1日1時間まで」と、ムの時間を決めているところが多いと思うのですが、まさに「逆転の発想」。

これなら3時間以内に宿題を終わらせようとする集中力が鍛えられるし、どうやったら効率よく進められるか、を考える力も養えますよね。

DaiGoたちは、このルールを守るために、朝や帰宅後の時間を使って勉強を3時間こなし、あとは好きなだけゲームをしていたようです。

 

「間違えた問題は徹底的に復習!」

DaiGoの母親は、子供たちの勉強について、間違えた問題だけを集めた専用の参考書を手作りしていました。

それを4人分も…!

母親は薬剤師として働いていたようなので、仕事と家事の合間を縫って作成していたのでしょうか。

非常に教育熱心だったことが分かるエピソードですよね。

なお、DaiGoの母親は薬剤師だったのですが、非常に残念なことに、2012年4月に乳がんで他界しています。

 


メンタリストDaiGoの兄弟の高校・大学・職業を全員徹底調査!

では、そんな教育熱心な母親の元で育ったDaiGo兄弟の学歴はどうだったのでしょうか。

1人ずつ高校、大学、職業を調査していきましょう。

 


次男:松丸彗吾(けいご)のプロフィール

(↑写真左が慧吾)

次男の慧吾はDaiGoより4歳年下の、2021年に31歳になる年齢です。

ただ、一般人のため、学歴などの詳細は明かされていませんが、兄弟の中で唯一の既婚者です。

噂では、大学を中退し(大学名は非公表)、独学でプログラマーになりました。

なので現在の職業はプログラマーで、アプリの開発を行なっています。

慧吾が作成したアプリは有名なもので4種類あり、どれも脳やメンタル系であることから、DaiGoと連携して作成していると考えられます。

 

次男、慧吾が開発したアプリ①脳トレアプリ

IQを高める目的で作成された脳トレアプリ「DNB 15分IQアップ脳トレゲーム」。

1回15分でプレイできる脳トレアプリです。

脳を鍛えるために科学的根拠に基づいて設計されており、毎日ゲームに取り組むことで脳の情報処理能力の向上を目指すものになっています。

利用は無料でできますよ。

 

次男、慧吾が開発したアプリ②勉強アプリ

記憶の定着を助けるアプリ「分散学習帳」

人間の脳は忘却曲線で、翌日になると学習したことの半分以上を忘れてしまうと言われています。

それを防いで記憶を定着させるために、このアプリでは分散学習理論に基づいて記憶が定着しやすいタイミングで復習できるような仕組みを作っています。

こちらも無料で利用できますよ!

 

次男、慧吾が開発したアプリ③睡眠アプリ

夜に眠れない人に向けて作成されたアプリです。

「人は全く関連のない単語を聞き続けている状態にあると睡眠に入りやすい」という科学的根拠を用いたもので、ひたすら関連性のない単語を読み上げてくれるようです。

こちらも無料で利用が可能です。

 

次男、慧吾が開発したアプリ④有料アプリ

こちらは月額590円~なのですが、Dラボという、メンタリストDaiGoがYou tubeやニコニコ動画で公開している動画を整理してくれるアプリです。

見たい動画がNETFLIXのように簡単に見つけられるアプリで、DaiGoのトークがとても魅力的なアプリ!

心理学を学びたいと思っている人には、DaiGoの知識やノウハウを学ぶことができ、有益なコンテンツだと思います。

 

三男:松丸怜吾(れいご)のプロフィール

三男の怜吾は2021年に27歳になる年齢で、慶応大学の薬学部を卒業。

その後、薬剤師ではなく調香師として働く傍ら、「リフの惑星」というバンドでドラムを担当しています。

調香師とは、食品や香粧品の香料を調合する仕事です。

Twitterもやっていて、猫が好きで飼っているように見受けられます。

 

四男:松丸亮吾(りょうご)のプロフィール

最後は2021年に26歳になる四男の亮吾。

進学校として有名な麻布中学、麻布高校を卒業した後、1年の浪人生活を経て、4兄弟で唯一東大の工学部に進学しています。

現在はテレビなどで謎解きのクイズを出題したりと、謎解きを広める活動をし、東大生を中心に構成されるサークル、「AnotherVision」の代表を務めていました。

さらに、その後、謎解きの楽しさを伝えるエンターテインメント会社「RIDDLER株式会社」の代表取締役をしています。

謎解きにハマったのは、優秀な兄達にかなわないとコンプレックスを抱いていた小学4年のとき、家族でクイズ番組を見ていた際に難問を家族で1番早く解けたことがきっかけでした。

それを機に謎解きにハマり、謎解き関連の本を読破。

ついに読むものがなくなってしまったので、自分で問題を作るようになった、という経歴があります。

そんな亮吾さん監修の「東大ナゾトレ」は累計100万部を突破した大人気シリーズになっています。


 


まとめ

この記事では、メンタリストDaiGoの兄弟の学歴が残念?についてご紹介をしてきました。

DaiGoだけでなく他の3人もなかなか華麗な経歴を持っているのは驚きですよね。

また、4兄弟の高校、大学、職業についても徹底調査してみました。

今回、DaiGoはホームレスへの差別発言が炎上していますが、才能にあふれている人なので、ぜひ考えを改めてまた出直してくれるといいですよね。

メンタリストDaiGoの兄弟の学歴が残念?高校大学や職業も全員徹底調査!の記事を最後までご覧いただきありがとうございました。


-エンタメ

© 2021 いろはにほへと Powered by AFFINGER5