エンタメ

蒼井優はWAONとなぜ呼ばれてるの?夫・山里亮太のプライベートでの呼び方も調査!

蒼井優はWAONとなぜ呼ばれてるの?夫・山里亮太のプライベートでの呼び方も調査!

蒼井優はWAONとなぜ呼ばれてるのでしょうか。

夫・山里亮太はいつもテレビなどで蒼井優のことをWAONさんと呼んでいますよね。

最初は誰のことなんだろう?なぜ蒼井優はWAONさんなんだろうと不思議に思っていました。

では、実際のプライベートでも蒼井優はWAONさんと呼ばれているのかも気になるところです。

こちらの記事では、蒼井優はWAONとなぜ呼ばれてるの?夫・山里亮太のプライベートでの呼び方も調査していきます。

 


蒼井優はWAONさんとなぜ呼ばれてるの?

蒼井優がWAONとなぜ呼ばれているかは、夫・山里亮太が実の兄に結婚を報告した時のやりとりがきっかけになっています。

山里亮太が兄に蒼井優と結婚すると話した時、兄は

  • 「え?イオンカードの人?」
  • 「亮太、waonの人と結婚するの?」
  • 「waonの子が妹になるの?」

というやりとりがされ、それ以降、山ちゃんは公共の場では蒼井優のことをWAONさんと呼んでいます。

山里亮太のお兄さんにとっては、蒼井優はイオンカードの子、という印象がとても強かったようです。

特に山ちゃんがパーソナリティを務める水曜深夜のTBSラジオ、「不毛な議論」では、山里亮太を始め、リスナーやファンの間で蒼井優のことWAONさんと呼ぶことは鉄板で、ここで出てくる2人のエピソードはよくネットニュースでも取り上げられるくらい話題の夫婦です。

そんな蒼井優の結婚をおさらいすると、蒼井優は南海キャンディースの山里亮太と、令和1年6月3日に結婚をしています。

当時、大女優である蒼井優と、吉本ブサイク芸人ランキングで殿堂入りしている山ちゃんの結婚は、「令和の奇跡」と言われたほどの衝撃的なニュースでした。

蒼井優は、結婚から3年目の今でも仲の良い夫婦として知られています。

 

WAONとイオンカードの違いは?

そもそも、蒼井優がCMに出演していたイオンカードはイオンのクレジットカードのことで、WAONは、イオンの電子マネーのことです。

イオンカードは2000年10月に発行を開始、蒼井優は2005年から10年以上の長年に渡ってイオンカードのCMに出演しています。

恐らく、2005年は蒼井優が20歳になる年だったため、大人が利用するクレジットカードのイメージに合っているとして採用されたと考えられます。

なので山里亮太の兄も、イオンカード=蒼井優のイメージだったのかもしれません。

一方のWAONは、イオングループのイオン、ジャスコやマックスバリュを始め、コンビニでも幅広く利用できる電子マネー。

蒼井優がすでにイオンカードのCMに出演していた最中である2007年からWAON電子マネーサービスを開始しています。

2010年には、電子マネーであるWAONと、イオン銀行とイオンカードの3つの機能が1枚のカードで完結すして便利になったことを、蒼井優がしっかりPRしていました。

蒼井優は10年以上もイオンカードのCMに出演してイオンカードと蒼井優はもう切っても切れない縁になっているようにみえますが、現在のイオンカードのCMは、欅坂46のメンバーが務めています。

 

蒼井優を初めてWAONと呼んだ夫・山里亮太の兄はどんな人なの?

蒼井優がWAONと呼ばれるきっかけになった山里亮太の兄は、山里大樹さんで山里亮太の3歳年上のお兄さんです。

昔10代の頃は相当ヤンチャでヤンキーだったため、元プロボクサーだった父親はボクシングの技で懲らしめていたと語っています。

ただ、そんな山里亮太の兄ですが実はとても優しい弟想いのお兄さんなのです。

そんな優しいお兄さんを象徴するエピソードが1つあります。

それは、山里亮太が大学進学を考えた頃に、お兄さんが、「俺は大学に行けなかったから、亮太が受けたいと言ってるなら俺が金を払う!」と言って、自分もアルバイトでそんなにお金はなかったはずなのに、自分の貯金30万円を全て下ろして山里亮太の大学の受験料を10回分出してくれたことがありました。

それ以降、山里亮太は気持ちを入れ替え、今では両親を旅行に連れて行ったりと親孝行も沢山しています。

とても仲の良い家族であることが分かるエピソードですね!

そんな山里家について蒼井優は結婚会見の際に、

「山里さんのお父様とお母様、私にとって義理の父と母になったお二人がとても好きで。山里家の一員になることに心強さを感じた」

と話しており、蒼井優は夫の家族とも仲が良い様子が伺えます。

 


蒼井優はプライベートでもWAONさんと呼ばれてるのの?

山里亮太はプライベートでは蒼井優のことを「優」と呼んでいると、結婚会見で明かしていました。

と言っても蒼井優は大女優。

山里亮太は最初は蒼井優のことをなかなか呼び捨てにできなかったそうです。

しかし、付き合う時に「何と呼び合うか会議」が開かれ、蒼井優から「さん付けは寂しい」と言われてから、呼び捨てで呼んでいると明かしています。

ちなみに、蒼井優は山里亮太のことを「亮太」と呼んでいます。

結婚会見で山里亮太は「仕事に全力で打ち込んでいる姿を好きと言ってくれる優のために、その姿を一生見せられるようにこれからも頑張っていきます。」と、とても自然に蒼井優のことを呼び捨てで「優」と呼んでいました。

蒼井優がWAONさんと呼ばれるのは、山里亮太がテレビやラジオで蒼井優のことを話すときだけですね。

 


蒼井優プロフィール

女優。1985年8月17日生まれ、福岡県出身。A型。

1999年、ミュージカル『アニー』でデビュー。

02年、「三井のリハウス」10代目リハウスガールに選ばれる。

06年に出演した映画『フラガール』で、『第30回日本アカデミー賞』最優秀助演女優賞・新人俳優賞、『第49回ブルーリボン賞』主演女優賞など数多くの賞を受賞。

この映画をきっかけに南海キャンディーズのしずちゃんと仲良くなり、のちに現在の夫となる山里亮太と出会うことになります。

以降、NHK大河ドラマ『龍馬伝』や『家族はつらいよ』シリーズなど、映画、舞台、ドラマ、CMで活躍。

2019年6月に結婚。現在子供はいない。

 



まとめ

こちらの記事では、蒼井優はWAONとなぜ呼ばれてるの?について解説をしました。

蒼井優がWAONさんと呼ばれる理由も納得でしたね!

また、夫・山里亮太のプライベートでの蒼井優呼び方も調査してきました。

令和初めに飛び込んできたビッグニュース。

現在も仲良しのおしどり夫婦エピソードが度々聞かれ、これからも応援していきたいとても素敵な夫婦ですよね。

最後まで蒼井優はWAONとなぜ呼ばれてるの?夫・山里亮太のプライベートでの呼び方も調査の記事を読んでいただき、ありがとうございました。


-エンタメ

© 2021 いろはにほへと Powered by AFFINGER5